会社が税理士に望むこと

会社は、事業の拡大・維持を望んでいます。これには利益の最大化が必要です。

 

「収入はできるだけ早く多く、支出はできるだけ遅く少なく」しかし、「税金はできれば払いたくない」

 

これが本音だと思います。

 

しかし、事業の拡大には、ある程度税金は払わなければならないという側面もあります。 そして、「ある程度の税金にする」には、税金の専門的知識が不可欠です。

 

会社は、税理士に対して報酬をできるだけ安く求めます。しかし、事務屋として報酬を払っている訳ではありません。

 

会社は専門家としての知識の提供を望んでいます。