税理士の業務

制度上の規定

税理士法上の業務

 

1.税理士は、他人の求めに応じ、租税に関し、次に掲げる事務を行うことを業とします(税理士法2条1項)。

  • 税務代理(同法2条1項1号)
  • 税務書類の作成(同法2条1項2号)
  • 税務相談(同法2条1項3号)

 

2.この他、税理士の名称を用いて、他人の求めに応じ、税理士業務に付随して、財務書類の作成会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を業として行うことができる(同法2条2項)。

 

3.その他の業務

税理士は、業務に付随する範囲において社会保険労務士業務の一部をなすことができる(社会保険労務士法27条・同施行令2条)。また、税理士となる資格を有する者は行政書士登録を受ければ行政書士となることができる。(行政書士法2条)