税理士試験

税理士試験の概要

税理士試験とは、税理士として必要な知識とその応用能力があるかどうかを判定するために行う試験です。

 

以下に該当する者は、税理士となる資格を有します。ただし、2〜3については、実務経験が2年以上必要です。

 

  1. 23年以上税務署に勤務し指定研修を受けた国税従事者
  2. (1号)税理士試験に合格した者
  3. (2号)第6条に定める試験科目の全部について、第7条又は第8条の規定により税理士試験を免除された者
  4. 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
  5. 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む。)

税理士試験の日程

毎年、年一回8月第一週の火、水、木の3日間。

札幌市、仙台市、埼玉県、東京都、名古屋市、金沢市、大阪府、広島市、高松市、福岡県、熊本市、那覇市で行われます。

税理士試験の試験科目

試験科目は、以下のように分類されます。

 

必修科目

 簿記論

 財務諸表論

選択必修科目

 法人税

 所得税

選択科目

 相続税法

 消費税法又は酒税法

 国税徴収法

 事業税又は住民税

 固定資産税

 

必修科目は、2科目とも合格が必要です。

選択必修科目は、法人税または所得税のいずれか1科目の合格が必要です。

選択科目は、相続税法、消費税法又は酒税法(選択)、国税徴収法、事業税又は住民税(選択)、固定資産税、及び選択必修科目として選択しなかった科目のうちいずれか2科目を選択します。

 

合計5科目の合格により、税理士法3条1項1号の要件を充足し、税理士となる資格を有することとなります。

 

ただし、消費税法と酒税法、事業税と住民税はそれぞれどちらかしか選択できません。また選択必修科目の法人税法・所得税法は両方選択できません。なお一回の試験では最大5科目までしか受験できません。