公認会計士の年収

公認会計士の年収は、800万円とも、1000万円を越えるとも言われています。

 

試験制度が2006年より変わりましたが、依然として資格の取得はとても難関です。

 

公認会計士の仕事は、

  1. 監査の業務
  2. 会計の業務
  3. コンサルティングサービスの業務
  4. 税理士として行う税務業務

に分かれています。

 

「監査」というのは、企業の決算書類について、企業以外の第三者の公認会計士によって、適正かどうかをチェックする業務です。

 

監査法人に勤務

  • 合格当初 = 年収 約480万円
  • 56年     = 年収 約900万円

※様々な役職があり、1,000万円を超える場合もあります

 

個人事務所経営の場合

  • 独立開業の場合の税理士事務所と同じ状況