た〜

貸借対照表

会社のある時点(決算日)のお金の状況(財政状態)をあらわしたものが貸借対照表で、これはB/S(Balance Sheet)とも言われています。
法律で作成が義務づけられている決算書の一つです。
貸借対照表を見てみると、右側には、どうやって資金を調達してきたか、左側には、その資金の運用方法が記載されています。 
さらには資金調達の右側を見てみると、それが短期(流動負債)のものか長期(固定負債)のものかがはっきりと区別されているのがわかります。

退職金

役員や従業員の退職に際して支給される金銭です。 
一回で支給される「退職一時金」と、年金として支給される「退職年金」があります。

耐用年数の短縮

減価償却をする際、本来はもともと定められている耐用年数を基準に減価償却を行いますが、「特別の事由」に該当し、使用可能期間が法定耐用年数に比べて著しく短くなった場合には、所轄の国税局長の承認を受けて耐用年数を短縮することができます。

タックス・ヘイブン

タックスヘブンとも言います。日本語では「租税回避地」。
税金(所得税、法人税、配当源泉課税等)がまったくかからないか、きわめて少ない国のことです。

立替金

立替金とは、役員や従業員、あるいは下請けなど外部の取引先や関連会社などが負担すべき経費などを一時的に立て替える場合に使う勘定科目です。
厳密にいえば、仮払金は使用目的や使用金額が未定のまま概算で出金するもの(例、出張旅費の仮払い)で、立替金はどっちもはっきりしての支出、というところが異なります。
立替払いというのは、本来の債権債務の決済方法ではありません。
支払った翌月には回収しましょう。

棚卸資産

将来、直接販売され、または販売活動もしくは一般管理活動に関連して消費されることを主な目的として短期間に保有されるものであり、通常、棚卸によってその有高が確定される資産をいいます。
具体的には、商品、製品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵金など。

棚卸資産回転率

棚卸資産回転率(回) = 売上高/棚卸資産

製品や商品が効率よく販売されているかをみる指標です。この回数が多いほど、売上に対する在庫量が少なく、効率的に販売されているとみることができます。
分母の棚卸資産は原則として、期首期末の平均を用います。

短期貸付金

得意先、仕入先、役員、従業員、子会社等に対する貸付金のうち短期(決算期末から1年以内)に返済期限が到来するものです。決算から1年を超えて支払期限が到来するものは、長期貸付金となります。

短期借入金

外部からの借入金のうち、1年以内に返済するものをいいます。
資産と同じく、ワンイヤールールによって、短期と長期を区分します。
また、銀行からの借入金だけでなく、他社や個人からの借入金も含みますが、株主、役員、従業員からの借入金とは区分します。当座貸越も短期借入金に該当します。

短期支払能力

短期間(特にこれから1年以内)に支払期限が到来する負債を支払うための、支払手段の準備能力のことです。
一般に流動比率(流動資産/流動負債×100)が高いほど、短期支払能力は高いとされます。