み〜

未収金

固定資産や有価証券の売却など、主たる営業活動以外の取引によって生じた場合の未収代金のこと。売掛金とは区別して使用されます。
「未収入金」も同じものです。

未払金

流動負債の部。
{例}固定資産の未払額、有価証券の未払額。
物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払費用と決めて、処理のしやすい割り切った考え方を取り入れているところもあります。
※検収時に未払金で処理しておきながら、支払時に未払金ではなく当座預金などで処理してしまうことがありますが、そうすると相手勘定が二重計上になり、未払金勘定は残りますので注意が必要です。

未払配当金

利益の分配のことを「配当」といいますが、配当金のうち実際にまだ支払われていないものはこの科目を使います。

未払費用

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
 {例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払額。

会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。月次決算のやり方としては、毎月未払費用を立てるのは面倒なので、当月費用とする方法もあります。