サラリーマンも確定申告?

会社ではなく個人の「もうけ」に対してかけられる税金を「所得税」といいます。

 

サラリーマンの場合、あらかじめ「もうけ=給料や賞与」から「税金=源泉所得税」を差し引かれています。

 

所得税は1年間の収入に対して税額が決まります。毎月の天引きの時点ではおおよその額が差し引かれています。この段階では、保険料や医療費、株式投資による税金の軽減は考慮されていません。

 

年末に1年間の収入が確定します。会社は、年末調整という手続きで税金を決定し精算します。

 

年末調整で精算できないもの

  • 医療費
  • 株式投資
  • 副業による収入 など

 

この精算できていないものについて最終的に調整するのが、確定申告です。

 

提出の期間は、2月16日~3月15日です。

 

たまに、めんどくさいから確定申告しなくていいか?という方がいますが、確定申告をしなければペナルティが課されるケースがあります。

 

  • 給与収入が2,000万円以上の人
  • 2か所以上から給与をもらっている人
  • 副業などの収入が20万円超の人 など

 

詳しくはまた国税庁のホームページ等で確認してみてください。 

 

 

以上が、しなければならない場合です。続いては、した方がいい場合です。

 

  • 年末調整で資料の提出忘れがあった
  • 年末調整後に子供が生まれたり結婚した
  • 副収入があった
  • マイホームを買ったり、売ったりした
  • 住宅ローンを組んで、増改築した
  • 耐震工事をした
  • マイホームを買い換えた
  • 医療費がたくさんかかった
  • 株式の売買を行った
  • 退職金をもらった
  • 災害や盗難にあった
  • 泥棒に入られた  など

 

まずは、このような事があった場合は確定申告をした方がいいかもしれないので、該当する項目について調べたり、自分にとって本当に有利かどうかを判断することになります。

 

専門家から「した方がいいですよ。」となかなか声をかけてくれることも少ないですが、「こうなんですが、どのような制度ですか?」と聞けば教えてくれます。まずは、した方がいいかもと気づくことが重要です。