節税の基本(6)

役員退職金は効果大

役員退職金とは、役員に対する退職金です。

 

  1. 法人の経費となる
  2. 個人でも税金上の優遇がある

 

ために節税となる点は給与と同じです。

 

さらに、退職金は以下の点で節税効果が高くなっています。

 

  1. 給与等と合算して税金を計算するのではなく、退職金は退職金で税金を分離して計算する
  2. 勤続年数から計算した退職所得控除を控除する
  3. 退職金から退職所得控除を引いた上に2分の1をし、税金を計算する

 

この「2分の1」というところがポイントです。ただし、平成25年分以後よりこの2分の1が廃止されますのでご注意ください。