節税の基本(2)

給与所得控除はこれだけお得

給与所得控除とは、サラリーマンの必要経費相当額で、お金を払っていなくても認められる費用です。

 

その金額は、給与の額によって決まっています。

 

給与の額が、

 

65万円の場合は、給与所得控除は65万円で給与所得は0円。

103万円の場合は、給与所得控除は65万円で給与所得は38万円。基礎控除が38万円あるので税金なし。

400万円の場合は、給与所得控除は134万円。

800万円の場合は、給与所得控除は200万円。

1,600万円の場合は、給与所得控除は250万円。

 

と給与の金額によって増加していきます。

 

※平成24年より、役員に関して1,500万円超の給与について給与所得控除の額が改正により減少しています。

 

もし、夫婦で役員報酬を受け取られている場合、給与の額を振り分けた方が、給与所得控除の金額が世帯でみると有利になる場合があります。