節税の基本(7)

退職金を一時的な利益を相殺する

例えば、

 

法人で所有していた不動産を売却して利益が多額に出てしまう場合、同じ決算期で退職金を支給すれば、法人税も大きな節税となります。

 

場合によっては、退職の予定日を早めることも得策かもしれません。