保証人の基礎

保証人とは?

保証人とは、お金を借りた本人が返せなくなった場合に、代わりに返済の義務を負う人のことです。

 

そして、単純な保証人よりも重い責任を負うのが連帯保証人です。お金を借りた本人と同じ立場に立つことになります。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人は大きく違います。

 

保証人は、代わりに返さなければ行けなくなった時に、「先にお金を借りた本人が本当に返せないか確認してください。」と言うことができます。

 

それに対して、連帯保証人できません。

 

つまり、連帯保証人は、お金を借りた本人の状況をそっくりそのまま引き継いでしまいます。単純な保証人よりも相当重い責任を負うことになります。

 

そして、金銭消費貸借契約における保証契約のほとんどは連帯保証契約です。

第三者保証人とは?

第三者保証人とは、代表者と同じ生計の家族や従業員でない保証人のことです。

 

返済ができなくなった場合に、一緒に返済ができなくなるような保証人かどうかが判断基準です。

 

まだまだ要求されるケースは多く、保証人としては辛い思いをします。

 

なるべく第三者保証は避けるようにしましょう。