民間金融機関からお金を借りる

民間金融機関のイメージ

小口の融資の受けやすさは、

信用金庫・信用組合 > 地方銀行 > 都市銀行

 

金利の低さ、

都市銀行 > 地方銀行 > 信用金庫・信用組合

 

融資の種類と会社のステージ

民間金融機関の融資は、

 

  1. プロパー融資(信用保証協会の保証がついていない)
  2. ビジネスローン
  3. 信用保証協会付融資

 

があります。

 

会社のステージによって以下の融資を検討してみましょう。

 

1期分の決算が終了している

  • 信用保証協会付融資

 

2期以上経過している

  • 信用保証協会付融資
  • ビジネスローン

 

そして、実績の蓄積や財務状況によりプロパー融資を検討する。

 

「プロパー」「保証付」という言葉は銀行員が当たり前のように使用しますので覚えておきましょう。

 

あくまで、一般的な分類です。

信用保証協会とは?

信用保証協会とは、中小企業等が金融機関から事業に必要なお金を借り入れるとき、信用保証協会が保証人となることにより、借入を受けやすくしてくれる公的保証機関です。

 

中小企業等が最初に融資の相談をした場合は、信用保証協会付融資をすすめられます。

 

制度融資とは、都道府県や各市町村などの地方自治体が、中小企業へのサポートを目的とした制度を利用して融資を行うことです。基本的には、銀行などが窓口となります。

 

制度融資のメリット

  • 金利が低い
  • 信用保証料の補助制度がある

 

制度融資のデメリット

  • 融資を得るまでに時間が掛かる
  • 事業計画の作り込み、審査に若干手間が掛かる

 

制度融資には自治体によって条件が色々です。事前によくご確認ください。