融資の種類は4つ

  1. 証書貸付
  2. 手形貸付
  3. 手形割引
  4. 当座貸越

証書貸付

金銭消費貸借契約書により融資を受ける方法です。

 

主に、長期の運転資金や設備投資を目的とした長期の返済期間で融資を受ける際に使用されます。

手形貸付

借入用の手形(単名手形)を銀行に差し入れ、融資を受ける方法です。

 

銀行取引約定書に従い、主に、運転資金を目的とした短期の返済期間で融資を受ける際に使用されます。

 

手形割引

代金を手形で回収した場合、期日まで現金化を待たなければなりません。しかし、手形を銀行に差し入れればほぼ全額の手形代金を受け取ることができます。実質は手形を担保にした融資方法です。

 

手形が不渡りになった場合は、買い戻しが必要です。

当座貸越

融資の極度額を設定し、極度額までは自由に融資が受けられる方法です。

 

審査の通りやすさは?

手形割引 > 手形貸付 > 証書貸付 > 当座貸越

 

銀行にコントロールしにくくなるほど、審査は難しくなります。